特撮バカ プレゼンツ Vol.03 「河崎 実VS特撮三銃士 バトルトークライヴ ~超人大戦~」

特撮バカ プレゼンツ Vol.03
「河崎 実VS特撮三銃士 バトルトークライヴ ~超人大戦~」

開催日:2017年4月8日(土)

場所:楽器cafe

OPEN 13:30 / START 14:00(終了:16:30予定)
前売¥2,100 / 当日¥2,400(共に1ドリンク500円別途)

【出演】

河崎 実
(映画監督/プロデューサー)
【応援ゲスト】 特撮三銃士 (ガイガン山崎・中沢 健・大内雷電) 
【シリーズイベント発案・主催】早川 優(ライター/サントラ盤、出版物などの企画、構成、執筆など多数)

『特撮バカ』とは、特撮作品をこよなく愛する者が毎回テーマを企画し、心優しきファンの皆様と共にその楽しさを共有しようという主旨のイベントです。

今回は、日本一のバカ映画の巨匠・河崎実監督をゲストにお迎えします。

50年に渡るファン活動、映画制作のご苦労や、特撮への熱い想いを存分に語っていただきます。
また、ゲストトークでは、第一次・第二次・第五次・怪獣ブームの各世代間に於けるギャップなどにも、鋭く切り込みます!
終演後は出演者も参加の懇親会も開催します。

※都合により出演者、内容が多少変更になる場合がございます。御了承下さい。

ご予約及びお問合せ先→ kurotin.v3x@gmail.com

※自動受送信システムではないため、返信までに数日間頂く場合がございます。御了承下さい。


河崎 実(かわさきみのる)

1958年東京都原宿生まれ。実家は日本でも有数のふぐ料理屋。
明治大学在学中から8ミリ映画を製作、「√ウルトラセブン」(79)、「エスパレイザー」(83)などでアマチュア特撮の雄として注目される。
その後、CMプロデューサーを経て森田健作の復活のプロデュースを機にフリーとなり、「地球防衛少女イコちゃん」(87)でプロデビュー。
89年よりテレビドラマに進出、「世にも奇妙な物語」(91~)「赤き血の乙女たち」(92)ほかを演出。
円谷プロでは「ウルトラマンティガ」(96)の脚本を1本執筆、「快獣ブースカ」のパイロット版、「怪獣酒場カンパーイ!」(15)を監督。
自身が主演する特撮ヒーローもの「電エース」(89~)はライフワークである。
日本一C調な監督と呼ばれバカ映画に徹底したこだわりを見せ、2004年に公開された映画『いかレスラー』はロングランヒットを記録、
続く『コアラ課長』(06)『かにゴールキーパー』(06)と不条理どうぶつ映画を連発、各国の国際映画祭に多数招待される。
2006年はモト冬樹主演『ヅラ刑事』筒井康隆原作の『日本以外全部沈没』がヒット。
2008年は夏木マリ主演『髪がかり』、松竹で怪獣映画『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』が公開。
この作品でヴェネチア国際映画祭に公式招待という快挙を成し遂げた。同年『猫ラーメン大将』も公開。
2011年はAKB48などアイドルたちが主演の『地球防衛ガールズP9』が公開。
2014年は壇蜜主演の『地球防衛未亡人』、2015年は『アウターマン』、2016年は『大怪獣モノ』が公開、TVシリーズ「侵略!ガルパンダZ」を監督。
加山雄三の「若大将」シリーズ、ブルース・リー、昭和歌謡、プロ野球についての知識も豊富で、様々なメディアに登場する。
特にウルトラマンについては世界有数の識者であり、「ウルトラマンはなぜシュワッチと叫ぶのか?」などの著書があり、寄稿・メディア出演も多い。
中野のレンタルスペース「ルナベース」の経営者でもある。

公式HP
http://rivertop.co.jp/