CINEMA

ミュージック・エア・シネマ at 楽器カフェ

楽器カフェで音楽映画上映!
ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、クイーンなど、
日本でも絶大な人気を誇る著名アーティストの軌跡を辿った映画を、スクリーンと爆音で再現!

2018年11月第4週の上映作品

【マルコム・ヤング一周忌追悼企画】
「AC/DC:Highway To Hell:Classic Album Under Review」
「AC/DC:Back In Black:Classic Album Under Review」

2017年11月18日に惜しくも亡くなったマルコム・ヤング追悼企画として、
AC/DCのドキュメンタリー2作品を上映します。

「Highway To Hell:Classic Album Under Review
/AC/DC 『地獄のハイウェイ』制作秘話」

AC/DCが1979年にリリースし、初代ボーカリストのボン・スコットの遺作となった名盤
『地獄のハイウェイ』に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

※本作は約1時間20分です。
※本作は2017年12月に上映した作品と同内容です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

11月19日(月)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AAB04A

「Back In Black:Classic Album Under Review」
/AC/DC 『バック・イン・ブラック』制作秘話」

AC/DCの代表作『バック・イン・ブラック』に迫るドキュメンタリー。
ヴォーカルのボン・スコットが泥酔時の事故で亡くなったため、
後任にブライアン・ジョンソンを迎えて最初にリリースされたアルバム。
1980年にリリースし、4,900万枚以上の売上を誇るロックの金字塔的作品。

11月20日(火)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AAB04B

※本作は約1時間55分です。
※本作は2017年12月に上映した作品と同内容です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年11月第4週の上映作品

【Queen映画上映記念企画】
『Queen : Under Review 1980-1991
/ クイーン:ヒストリー1980-1991』

(初上映作品)

伝説的ヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーを生んだ英国のロック・バンド、クイーン。
1980年のサウンドトラック『フラッシュ・ゴードン』リリース以降から、
フレディ・マーキュリー死後の活動までを追う。
著名音楽ジャーナリストの解説の他、「One Year of Love」のレコーディングに参加した
サックス奏者スティーヴ・グレゴリーが当時を語る。

11月22日(木)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA4247

11月28日(水)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA4248

11月29日(木)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA4249

11月30日(金)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA424F

12月4日(火)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA4250

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は約1時間15分です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年11月第3週の上映作品

【Queen映画上映記念企画】
『The FREDDIE MERCURY Story: Under Review 1946-1991
/ フレディ・マーキュリー:ヒストリー1946-1991』

ジョン(・ディーコン)が書いた多くの曲には
彼の好みが反映されている
僕も大好きなモータウン系の音楽だ
ヘヴィな感じの曲調では決してない
4人がそれぞれ違ったタイプの曲を書く
クイーンの楽曲には4種類あるんだよ
—フレディ・マーキュリー

唯一無二の圧倒的な歌唱力と独自のマイク・パフォーマンス、
「ボヘミアン・ラプソディ」「キラー・クイーン」「伝説のチャンピオン」など数々の名曲のソングライティングで
死去してから25年以上経過した現在も絶大な人気を誇るクイーンの伝説的ヴォーカリスト、
フレディ・マーキュリーの軌跡を辿るドキュメンタリー。

出生から音楽のルーツ、クイーンの結成と成功、ソロ・アルバムの発表、そして壮絶な今際までを
本人を含む関係者のインタビュー、貴重な映像で辿っていく。

11月15日(木)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA4190

11月16日(金)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA4192

11月21日(水)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA4193

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は2018年9月に上映した作品と同内容です。
※本作は約1時間です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年11月第3週の上映作品

【Queen映画上映記念企画】
「Queen: HOW THEY BROKE FREE
/クイーン:ブレーク・フリー」

ヴォーカルのフレディ・マーキュリー亡き後も、
世界中で絶大な人気を誇っている伝説的ロック・バンド、クイーン。
メンバーの生い立ちから、
バンド結成、デビュー、ブレイク、そしてフレディの晩年までを、
メンバー本人や関係者のインタビュー映像、
貴重な資料、PVやライブ・エイドの映像を織り交ぜて解説したドキュメンタリー。
ボードヴィル音楽、オペラ、クラシック、黎明期のロックンロールから
ロカビリー、ファンク/ディスコなど様々なジャンルを取り入れた
その自由で幅広い音楽性に迫る。

11月12日(月)19:30〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA40D9

11月13日(火)19:30〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA40EB

11月14日(水)19:30〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA40EC

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は2018年7月・9月に上映した作品と同内容です。
※本作は約1時間です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年11月第2週の上映作品

【Queen映画上映記念企画】
「QUEEN : Under Review 1973-1980
/クイーン:ヒストリー1973-1980」

(音楽業界がパンクの波に押されていた70年代について)
「クイーンが終わるかも、と思った時期でもある
でも僕たちは・・・常にチャレンジ精神がある
”Sheer Heart Attack”を作ったのも、挑戦する姿勢があったからさ
――フレディ・マーキュリー

Queenがデビューする1973年から、
最大のヒット曲「Another One Bites the Dust」をリリースする1980年までの軌跡を、
「Keep Yourself Alive」「Seven Seas Of Rhye」「Killer Queen」「Somebody To Love」などの
名曲の貴重なライヴ映像やスタジオの映像、
さらにフレディ・マーキュリーや様々な関係者のインタビューで辿るドキュメンタリー。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

11月7日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA40B2

11月8日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA40B3

11月9日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000AA40B4

※本作は2018年2月・9月に上映した作品と同内容です。
※本作は約1時間40分です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年11月第1週の上映作品

『LEONARD COHEN:Bird On A Wire』
/『レナード・コーエン:バード・オン・ア・ワイヤー』

世紀の名曲「ハレルヤ」の作者としても有名なカナダのシンガー・ソングライター、詩人、小説家のレナード・コーエン。
1972年、彼が行った伝説のヨーロッパ・ツアーの模様を記録した映画をお送りします。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

11月5日(月)19時30分〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A9C123

11月6日(火)19時30分〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A9C122

※本作は約1時間45分です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年10月第4週の上映作品

『Song Of The South: Duane Allman And The Rise Of The Allman Brothers』
/『デュアン・オールマン:ソング・オブ・ザ・サウス』

ブルースとジャズは似て非なるものだ
魂や感情を受け止めるには
言葉だけじゃ足りないんだ
マイルス・デイヴィスは人間の内に秘められた
繊細な部分を巧みに描写してる
本当に見事な演奏だ
—デュアン・オールマン[オールマン・ブラザーズ・バンド]

1971年、オートバイ事故のため24歳で急逝したサザン・ロック・バンド
「オールマン・ブラザーズ・バンド」のギタリスト兼リーダー、
デュアン・オールマンの伝説に迫るドキュメンタリー。
数多くの大物ミュージシャンが愛したマッスル・ショールズ、
フェイム・スタジオでのセッション・ギタリスト時代、
名曲「愛しのレイラ」を生み出したエリック・クラプトンとのコラボレーション、
そしてオールマン・ブラザーズとしての活動に迫る。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

10月30日(火)19:00〜(開場:18時30分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A7EEA2

10月31日(水)19:00〜(開場:18時30分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A7EEA3

11月1日(木)19:00〜(開場:18時30分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A7EEA5

11月2日(金)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A7EEA7

※本作は約2時間10分です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

ミュージック・エア・シネマ 錦町音楽祭 Our Music Festivalスペシャル

「錦町音楽祭 Our Music Festival」だけの特別編成!
バラエティに富んだ3作品を上映します。
この日だけはワンコイン(500円)で入場可能!
入退場自由、全部観ても同料金です。
予約不要でご入場いただけますが、最前列を確保したい場合は事前にご予約ください。

■入場料:500円(入退場自由)
■タイムテーブル

 10:45 開場
 11:00〜「Ginger Baker:In Africa」
 12:00〜「Ornette Coleman Sextet Schloss Ansbach 1978」
 12:50〜「Studio Jams Ep1:Derek Trucks」

■上映作品紹介
「Ginger Baker: In Africa/ジンジャー・ベイカー:イン・アフリカ」

クリームやブラインド・フェイスなど、伝説的なバンドでドラマーとして活躍した
ジンジャー・ベイカーのアフリカ大陸横断の旅を追ったドキュメンタリー。
アフロ・ビートの創始者:フェラ・クティ率いる“アフリカ70”とのセッションも収録。
ミュージック・エアでのオンエアより早く上映します。

最前列予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A79145

「Ornette Coleman Sextet Schloss Ansbach 1978
/オーネット・コールマン:ライヴ・イン・ジャーマニー1978」

フリー・ジャズの先駆者として知られるサックス奏者
オーネット・コールマンが1978年にドイツで行ったライヴを初上映。

最前列予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A79149

「Studio Jams Ep1:Derek Trucks
/セッションの巨人 Ep1~デレク・トラックス他」

“新世代3大ギタリスト”の一人と称されるデレク・トラックスによる
ジャム・セッション形式のスタジオ・ライヴ。
フィラデルフィアの名門スタジオ、シグマ・サウンド・スタジオにて2000年11月11日収録。
脇を固めるのは、現代ジャズ界最高のオルガン奏者ジョーイ・デフランセスコ、
タック&パティのギタリスト:タック・アンドレス、
ベース・テクニック界の最高峰ヴィクター・ウッテン、
そのヴィクター・ウッテンの兄でドラマーのロイ・ウッテン、
デイヴ・マシューズ・バンドやベラ・フレック&ザ・フレックトーンズの
サックス奏者として有名なジェフ・ コフィン、
テデスキ・トラックス・バンドのフルート奏者:コフィ・バーブリッジ。

《曲目》
I Wish
Back In The Chicken Shack
Oleo

最前列予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A7915C

■最前列予約フォーム
本イベントは予約不要です。
予約しなくてもご入場いただけますが、
最前列を確保したい場合は下記のフォームよりご予約ください。

「Ginger Baker:In Africa/ジンジャー・ベイカー:イン・アフリカ」
http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A79145

「Ornette Coleman Sextet Schloss Ansbach 1978
/オーネット・コールマン:ライヴ・イン・ジャーマニー1978」
http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A79149

「Studio Jams Ep1:Derek Trucks
/セッションの巨人 Ep1~デレク・トラックス他」
http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A7915C

※本編は各1時間です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止のイベントです。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年10月第3週の上映作品

『JIMI HENDRIX:Trapped in Amber』
/『ジミ・ヘンドリックス:永遠のレジェンド』

弾き方を模倣したギタリストは数知れず・・・
しかし、習得できた者は誰一人として存在しない。

全てのジャンルを弾きこなす圧倒的なテクニック・・・
フィードバック、リバーブ、ピック・スクラッチ、ワウを駆使した唯一無二の奏法・・・
短い活動期間の中で、その男はギターの可能性を再定義し、
ロック界に革命をもたらした。

彼はいかにしてスターダムをのし上がったか・・・
初めてジミと共演した時のクラプトンの様子とは・・・
忍び寄るアルコールとドラッグの恐怖がもたらした結果とは・・・
謎の多い死の真相とは・・・

本作は、レアな資料やライヴ映像、関係者のインタビューを通して
ジミ・ヘンドリックスの生涯を追ったドキュメンタリーです。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

10月17日(水)19:30〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A72975

10月18日(木)19:30〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A72976

10月19日(木)19:30〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A72977

10月22日(月)19:30〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A72978

※本作は約1時間です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年10月第1週の上映作品

【ポール・マッカートニー来日記念企画】
『The Beatles:Composing Songbook:Lennon And McCartney 1966-1970』
/『ビートルズ:コンポージング・ザ・ビートルズ・ソングブック レノン&マッカートニー1966-1970』

本作は、ザ・ビートルズの1966年から1970年ーー
つまり、『Revolver』を発表し、
キャンドルスティック・パークで最後のライヴを行ってから
『Abbey Road』の最終録音までの期間を、
ソングライティングに焦点を当てて追ったドキュメンタリーです。

ボブ・ディランの影を追い求めるジョン・・・
昔ながらのポップスを「Yesterday」などの名曲に昇華させるポール・・・
共作は減り、独自の変化を遂げていく二人。
何に影響を受け、それが彼らのソングライティングに
どのような影響を及ぼしたのか・・・。
その軌跡を、ビートルズの友人やジャーナリスト、著名な音楽学者など、
一連の専門家とのインタビューを中心に、
稀有な映像や資料を交えながら辿ります。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

10月5日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A56B2D

10月9日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A56B2E

※本作は2018年2月に上映した作品と同内容です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年10月第2週の上映作品

【ポール・マッカートニー来日記念企画】
『The Beatles–Composing Outside The Beatles:Lennon And McCartney 1967-1972』
/『ビートルズ:コンポージング・ザ・ビートルズ・ソングブック レノン&マッカートニー1967-1972』

平和を人々に売り込みたいんだ
石鹸やソフトドリンクのようにね
平和は実現可能だと訴えたいんだ
—ジョン・レノン(ヨーコ・オノと共に)

本作は、ジョン・レノンとポール・マッカートニーの1967年から1972年ーー
『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を発表後、
ジョンが「John Lennon/Plastic Ono Band』を、
ポールがウイングスで「アイルランドに平和を」を発表するまでの期間を、
ソングライティングに焦点を当てて追ったドキュメンタリーです。

ジョンはヨーコと、ポールはリンダと出会い、
4人の結束は薄れ、ビートルズは解散ーー
それぞれの伴侶の影響を受けながら、二人はソロ・キャリアをスタート。
その軌跡を、ビートルズの友人やジャーナリスト、著名な音楽学者など、
一連の専門家とのインタビューを中心に、
稀有な映像や資料を交えながら辿ります。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

10月10日(水)19:00〜(開場:18時30分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A56B30

10月11日(木)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A56B2F

※本作は2018年3月に上映した作品と同内容です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年10月第2週の上映作品

【ポール・マッカートニー来日記念企画】
『Composing Outside The Beatles:Lennon & McCartney 1973-1980』
/ 『ビートルズ:コンポージング・ザ・ビートルズ・ソングブック レノン&マッカートニー1973-1980』

リンダとの関係はうまくいっていた
ある時・・・ピアノの前に座って考えてるうちに
浮かんできたのが彼女へのラブ・ソングだったんだ
—-ポール・マッカートニー
(ウイングスの最初のヒット曲「My Love」について)

本作は、20世紀最高のソングライティング・チーム“レノン=マッカートニー”の
1973年から1980年までのソングライティングに焦点を当てたドキュメンタリーです。

『リボルバー』のジャケット・デザインを手掛け、
プラスティック・オノ・バンドにベーシストとして参加したクラウス・フォアマンや、
ウイングスのメンバーだったデニー・レイン、デニー・シーウェルなどが
ジョンとポールそれぞれのソロ作品について語ります。

10月12日(金)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A56B31

10月15日(月)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A56B32

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は2018年5月に上映した作品と同内容です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止のイベントです。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年10月第1週の上映作品

【ポール・マッカートニー来日記念企画】
「Paul McCartney / Going Underground:McCartney, The Beatles And The UK Counter-Culture / ポール・マッカートニー:”ゴーイング・アンダーグラウンド”」

マッシュルーム・カットから髭へ・・・
ポップからサイケデリックへ・・・
『For Sale』『Help!』から『Rubber Soul』『Revolver』へ・・・

1960年代後半〜70年代前半にかけてのカウンター・カルチャーは、
かのザ・ビートルズにも――とりわけポール・マッカートニーにも大きな影響を与えた。

150分以上に及ぶこの長編ドキュメンタリーでは、
当時のアンダーグラウンド・シーンの模様とその歴史に加え、
カウンター・カルチャーがザ・ビートルズとポール・マッカートニーに
与えた影響について深く探っていく。

10月2日(火)19時00分(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A4DB81

10月3日(水)19時00分(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A4DB87

10月4日(木)19時00分(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A4DB88

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は約2時間30分です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年9月第3週の上映作品

【フレディ・マーキュリー生誕72周年記念企画】
『The FREDDIE MERCURY Story: Under Review 1946-1991
/ フレディ・マーキュリー:ヒストリー1946-1991』

ジョン(・ディーコン)が書いた多くの曲には
彼の好みが反映されている
僕も大好きなモータウン系の音楽だ
ヘヴィな感じの曲調では決してない
4人がそれぞれ違ったタイプの曲を書く
クイーンの楽曲には4種類あるんだよ
—フレディ・マーキュリー

唯一無二の圧倒的な歌唱力と独自のマイク・パフォーマンス、
「ボヘミアン・ラプソディ」「キラー・クイーン」「伝説のチャンピオン」など数々の名曲のソングライティングで
死去してから25年以上経過した現在も絶大な人気を誇るクイーンの伝説的ヴォーカリスト、
フレディ・マーキュリーの軌跡を辿るドキュメンタリー。

出生から音楽のルーツ、クイーンの結成と成功、ソロ・アルバムの発表、そして壮絶な今際までを
本人を含む関係者のインタビュー、貴重な映像で辿っていく。

9月11日(火)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A2B469

9月12日(水)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A2B46A

9月13日(木)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A2B46C

9月20日(木)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A2B46D

9月21日(金)19時30分(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A2B46E

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は約1時間です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年9月第2週の上映作品

【フレディ・マーキュリー生誕72周年記念企画】
『Queen: HOW THEY BROKE FREE / クイーン:ブレーク・フリー』

ヴォーカルのフレディ・マーキュリー亡き後も、世界中で絶大な人気を誇っている伝説的ロック・バンド、クイーン。ボードヴィル音楽、オペラ、クラシック、黎明期のロックンロールからロカビリー、ファンク/ディスコなど様々なジャンルを取り入れたその自由で幅広い音楽性に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

9月7日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A12E79>

9月10日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→
https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A12EB7

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は2018年7月に上映した作品と同内容です。
※本作は約1時間です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年9月第2週の上映作品

【フレディ・マーキュリー生誕72周年記念企画】
「QUEEN : Under Review 1973-1980/クイーン:ヒストリー1973-1980」

(音楽業界がパンクの波に押されていた70年代について)
「クイーンが終わるかも、と思った時期でもある
でも僕たちは・・・常にチャレンジ精神がある
”Sheer Heart Attack”を作ったのも、挑戦する姿勢があったからさ
――フレディ・マーキュリー

Queenがデビューする1973年から、最大のヒット曲「Another One Bites the Dust」をリリースする1980年までの軌跡を、
「Keep Yourself Alive」「Seven Seas Of Rhye」「Killer Queen」「Somebody To Love」などの名曲の
貴重なライヴ映像やスタジオの映像、
さらにフレディ・マーキュリーや様々な関係者のインタビューで辿るドキュメンタリー。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

9月4日(火)19:30〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A12EE7

9月5日(水)19:30〜(開場:19時00分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A12F4F

※本作は2018年2月に上映した作品と同内容です。
※本作は約1時間40分です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年8月第5週の上映作品

【生誕60周年記念企画】
「MICHAEL JACKSON:Unmasked
/ マイケル・ジャクソン:アンマスクド」

ジャネット・ジャクソン、ブルック・シールズ、グラディス・ナイトのインタビューや貴重な映像を通して、
マイケル・ジャクソンの華麗で謎めいた人生に迫るドキュメンタリー。

8月31日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A03F93

9月3日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A03F97

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約50分です。
※イベント終了時間は目安です。
※本作は2018年6月に上映した作品と同内容です。

2018年8月第5週の上映作品

【生誕60周年記念企画】
「MICHAEL JACKSON:Thank You For The Music:The Final Word
/ マイケル・ジャクソン:ファイナル・ワード」

今こそー
世界中のみんなで立ち上がろう
世界を一緒に変えていこう
地球を喜びにあふれた場所にし
善良さを理解しよう
苦しむべき人なんていないんだ
—Michael Jackson

マイケル・ジャクソンの卓越した音楽性を、
時系列に再検証していくドキュメンタリー作品。
ジャクソン5での最初のレコーディングから70年代~90年代、さらに晩年までを、
『Ben』、『Billie Jean』、『BAD』、『Man In The Mirror』、『Black Or White』といった名曲のパフォーマンス映像と、関係者のインタビューで振り返る。
アルバム『デンジャラス』のプロデューサー:ビル・ボトレル、
90年代に活躍した女性グループ「エターナル」のメンバー:ケリー・ブライアン達が証言。

8月29日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A03B69

8月30日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000A03B6B

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約1時間30分です
※イベント終了時間は目安です

2018年8月第4週の上映作品

『STEVIE RAY VAUGHAN : Rise Of A Texas Bluesman 1954-1983 
/ スティーヴィー・レイ・ヴォーン:テキサス・ブルースマンの伝説』

(「あなたの音楽に影響を与えた人物は誰ですか?」の問いに)
兄のジミー・ヴォーンだね
兄の影響でたくさんのミュージシャンを知った
BBキング、フレディ・キング、
アルバート・コリンズ、アルバート・キング、ジミー・スミス・・・
他にもたくさんいる
彼らの影響は大きい
——スティーヴィー・レイ・ヴォーン

速弾き全盛時代のロック・フィールドに
ブルースのフィーリングを持ち込み、
そのジャンルを再び活性化させた最大の立役者であり、
ブルース愛好家からもロック・ファンからも神格化されている
稀代のブルース・ロック・ギタリスト:スティーヴィー・レイ・ヴォーン。
彼の28回目の命日となる8月27日を含む3日間、
彼の初期のキャリアに焦点を当てた長編ドキュメンタリーを上映。

彼の音楽的ルーツや初期のレコーディング、
当時のバンドの様子、
デヴィッド・ボウイ『レッツ・ダンス』参加にまつわる秘話などに迫る。

8月21日(火)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009F7120

8月22日(水)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009F7121

8月27日(月)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009F7123

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は約2時間10分です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年8月第2週の上映作品

『THE ROLLING STONES:ROCK ROYALTY
/ ローリング・ストーンズ:ロックの王者』

「50年って聞くと長く思えるけどーーあっという間だったよ」
——ミック・ジャガー

「世間は解散時期が気になるのであってーー
ストーンズに興味があるわけじゃない」
——キース・リチャーズ

50年以上もロック界の頂点に君臨し続けるバンド:ローリング・ストーンズの軌跡に迫るライヴ&ドキュメンタリー。
各メンバーと関係者のインタビュー映像と、各時期の貴重なライヴ映像で構成。

8月10日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009EE028

8月16日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009EE029

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は約1時間です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年8月第2週の上映作品

『Harry Styles: My World
/ ハリー・スタイルズ:マイ・ワールド』

超人気ボーイズ・バンド「ワン・ダイレクション」のメンバー、ハリー・スタイルズの軌跡を辿るライヴ&ドキュメンタリー。

8月7日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009EA76C

8月8日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009EA76E

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は約1時間です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年7月第4週の上映作品

【追加上映決定!】
『Queen: HOW THEY BROKE FREE / クイーン:ブレーク・フリー』

ヴォーカルのフレディ・マーキュリー亡き後も、世界中で絶大な人気を誇っている伝説的ロック・バンド、クイーン。ボードヴィル音楽、オペラ、クラシック、黎明期のロックンロールからロカビリー、ファンク/ディスコなど様々なジャンルを取り入れたその自由で幅広い音楽性に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

※7月31日または8月1日の上映にご予約いただきました方で、8月5日(日)への移動をご希望の方は、予約確認メールからキャンセルのお手続きの上、再予約をしていただくか、
gakki-cafe@atoss.co.jpまでメールでご連絡ください。キャンセル料はかかりません。

7月19日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009B8F62

7月23日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009B8F64

7月25日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009B8F65

7月31日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009B8F67

8月1日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009B8F68

【追加上映】
8月5日(日)12:00〜(開場:11時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009E82C4

【追加上映】
8月5日(日)14:00〜(開場:13時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009E82C3

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は約1時間です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年8月第2週の上映作品

『CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL : The Golden Era
/ クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル:黄金の軌跡』

短い活動期間ながら、60年代後半~70年代前半にかけて全米チャートを席巻したサザン・ロック、スワンプ・ロックの先駆者的ロック・バンド、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの軌跡に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

8月6日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009DF1E7

※本作は1日のみの上映です。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は約1時間です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年8月第1週の上映作品

『ERIC CLAPTON:The 1970s Review
/ エリック・クラプトン:70’s クロニクル』

「俺には時事問題や政治に関する曲を書く能力はないしーー
書きたくもない
全然リアリティーを感じないんだ
この曲(『Wonderful Tonight』)はーー
恋について歌っている
俺がある夜ーーある女性を見て思ったことを歌詞にしたんだ」
—エリック・クラプトン

エリック・クラプトンの70年代に焦点を当てたドキュメンタリー。
クラプトン本人に加え、
60年代末にギタリストとして参加した「デラニー&ボニー」のボニー・ブラムレット、
70年に結成した伝説のバンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」のボビー・ウィットロック、
70年代にエリック・クラプトンのサイド・ギタリストを務めたジョージ・テリーなどが出演して当時を語る。
60年代の在籍した「クリーム」「ブラインド・フェイス」「デラニー&ボニー」時代、
また70年代に結成した「デレク・アンド・ザ・ドミノス」時代とソロ時代のライヴ映像を交えて
エリック・クラプトンのエピソードを時系列に紹介。

8月2日(木)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009D2DC7

8月3日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009D2DC8

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本作は約2時間30分です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年7月第4週の上映作品

来日直前!
「BOB DYLAN:Revealed / ボブ・ディラン:リヴェールド」

1962年デビュー当時の語られていなかった事実、ロックの歴史を変えたボブ・ディランとザ・バンドの1966年に行われたエレクトリック・ワールド・ツアー、バイク事故やドラッグのリハビリ、1974年のカムバック・ツアー、1976年のアルバム『欲望』や1975年から1976年にかけて行われた伝説的なローリング・サンダー・レビュー・ツアー、1988年に始まったネバー・エンディング・ツアーなどが関係者によって語られる。2011年制作。

7月13日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009B3476

7月17日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009B3496

7月18日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009B3497

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本編は約1時間50分です
※イベント終了時間は目安です

2018年7月第3週の上映作品

「THE ROLLING STONES:Under Review 1975-1983:The Ronnie Wood Years Part1
/ ローリング・ストーンズ:ヒストリー1975-1983~ロン・ウッド・イヤーズ~」

ローリング・ストーンズの長い歴史の中で、ミック・テイラーが脱退し、ロン・ウッドが加入した1975年から1983年までのヒストリーを紹介するドキュメンタリー。ロン・ウッドが初めてレコーディングに参加した1976年のアルバム『ブラック&ブルー』から80年代の音楽スタイルに合わせて制作された1983年のアルバム『アンダーカヴァー』までのローリング・ストーンズの軌跡を紹介する。

7月9日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009A45EA

7月11日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009A45EC

7月12日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009A45EE

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本編は約1時間55分です
※イベント終了時間は目安です

2018年7月第2週の上映作品

「LED ZEPPELIN:The Origin of the Species
/ レッド・ツェッペリン:オリジン・オブ・スピーシーズ」

レッド・ツェッペリン結成から英米でともに初となるアルバム・チャート1位を獲得した2枚目のアルバム『レッド・ツェッペリンⅡ』リリースまで、バンド初期に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

7月4日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00098D7B3

7月5日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00098D7C0

7月6日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00098D7C5

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約70分です
※イベント終了時間は目安です

2018年7月第1週の上映作品

「MICHAEL JACKSON:Unmasked
/ マイケル・ジャクソン:アンマスクド」

ジャネット・ジャクソン、ブルック・シールズ、グラディス・ナイトのインタビューや貴重な映像を通して、
マイケル・ジャクソンの華麗で謎めいた人生に迫るドキュメンタリー。

6月27日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000985BF8

6月28日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000985BF9

6月29日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000985BFA

7月2日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000985BFB

7月3日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000985BFC

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約50分です
※イベント終了時間は目安です

2018年6月第4週の上映作品

「MICHAEL JACKSON:Thank You For The Music:The Final Word
/ マイケル・ジャクソン:ファイナル・ワード」

今こそー
世界中のみんなで立ち上がろう
世界を一緒に変えていこう
地球を喜びにあふれた場所にし
善良さを理解しよう
苦しむべき人なんていないんだ
—Michael Jackson

マイケル・ジャクソンの卓越した音楽性を、
時系列に再検証していくドキュメンタリー作品。
ジャクソン5での最初のレコーディングから70年代~90年代、さらに晩年までを、
『Ben』、『Billie Jean』、『BAD』、『Man In The Mirror』、『Black Or White』といった名曲のパフォーマンス映像と、関係者のインタビューで振り返る。
アルバム『デンジャラス』のプロデューサー:ビル・ボトレル、
90年代に活躍した女性グループ「エターナル」のメンバー:ケリー・ブライアン達が証言。

【追加上映決定】
多数のご予約をいただいていることを受け、22日(金)に追加上映が決定致しました。
22日への日程変更をご希望の方は、予約確認メールの【予約内容照会画面】から【予約番号】及び【認証キー】を入力していただき、予約をキャンセルの上、22日へのご予約をお願い致します。
キャンセル料はかかりません。
※上記がご面倒な方は gakki-cafe@atoss.co.jp までメールにてご連絡下さい。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

6月18日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00097C71D

6月19日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00097C71E

6月20日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00097C71F

6月21日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00097C720

【追加上映】
6月22日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00098203E

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約1時間30分です
※イベント終了時間は目安です

2018年6月第3週の上映作品

「Nirvana – ”In Utero” Under Review
/ ニルヴァーナ:名盤『イン・ユーテロ』制作秘話」

90年代最大のアイコン、カート・コバーン率いるグランジ・ブームの火付け役:ニルヴァーナ。
1993年にリリースされ、全米全英1位を獲得したカート・コバーン生前最後のアルバム
『イン・ユーテロ』に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

バンドによるライヴ&スタジオ・パフォーマンスに加え、
デイヴ・グロール加入以前の元ドラマー:チャド・チャニング、
カート・コバーンの伝記作家:チャールズ・R・クロス、
音楽プロデューサーのジャック・エンディノといった人物のインタビューで構成。

6月11日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00097A646

6月12日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00097A647

6月13日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00097A649

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編は約70分です。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止のイベントです。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年6月第2週の上映作品

アンコール上映
「PRINCE : The Glory Years
/ プリンス:ゴールデン・イヤーズ」

7度のグラミー賞受賞を誇り、トータル・セールスは1億枚を超える世界最高峰のアーティスト:プリンスの軌跡に迫るライヴ&ドキュメンタリー。
彼が最もクリエイティヴで商業的だった80年代–つまり”1999”から”Purple Rain”、そして”batdance”まで–を中心に焦点を当て、
元マネージャー、元バンドメイト、元サウンド・エンジニアへのインタビューと、
ライヴ・パフォーマンスやレア映像、ミュージック・クリップで構成した作品です。

6月7日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009675CD

6月8日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009675CE

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編は1時間30分です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止
※本イベントはデジタル上映です。

2018年6月第2週の上映作品

「Eric Clapton:The 1960’s Review / エリック・クラプトン:60’s クロニクル」

「16歳から21歳まで(1961年〜1966年)の間はーーーー
全ての時間を音楽を学ぶことに費やした
外へ飲みにいくことも一切せず
家でひたすらレコードを聴いていた
そうやって音楽を学んだんだ」
—エリック・クラプトン

エリック・クラプトンの60年代の活動をまとめたライヴ&ドキュメンタリー。
ヤードバーズ、ジョン・メイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズ、クリーム、ブラインド・フェイスなどのバンド在籍時のエピソードを時系列に紹介します。
クラプトン本人のインタビューに加え、ジョン・メイオールほか様々なバンド・メンバー、クリームのプロデューサーであったビル・ハルバーソン、ヤードバーズの伝記作家のインタビューや貴重な資料で構成。

6月4日(月)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009597CF

6月5日(火)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009597D5

6月6日(水)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009597D7

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編は約2時間です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止のイベントです。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年5月第5週の上映作品

The Rolling Stones: Under Review: 1963-1966
「ローリング・ストーンズ:60’sクロニクル Part1」

ローリング・ストーンズの60年代初期の映像を収めたドキュメンタリー。
当時のストーンズを知る人たちのインタビュー、レアなパフォーマンス映像を通して、
まだ売れていなかった頃のエピソードが明らかにします。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

5月30日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000961826

5月31日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009619F8

6月1日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009619F9

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止のイベントです。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約1時間25分です。

2018年5月第4週の上映作品

「Guns N’ Roses「Use Your Illusion I&II : 2 Classic Albums Under Review」 / ガンズ・アンド・ローゼズ:名盤『ユーズ・ユア・イリュージョン I&II』制作秘話」

1970〜1980の間は
ロックはブランク期間のようなものだった
ロックや自由を訴えるバンドはいなかったんだ
少なくともそれは大きなチャンスだと思った
-SLASH [Guns N’ Roses]

全世界で1億枚以上のアルバム・セールスを記録する世界トップ・クラスのロック・バンド、ガンズ&ローゼズ。
1991年に2枚同時リリースし、世界中のチャートで1位・2位を独占したアルバム『ユーズ・ユア・イリュージョンI』『ユーズ・ユア・イリュージョンII』に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

5月23日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009526C5

5月24日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009526C6

5月25日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0009526C7

【追加上映】
5月29日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000957318

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止のイベントです。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約1時間25分です。

2018年5月第3週の上映作品

「Strange Fruit-The Beatles’ Apple Records
/ ザ・ビートルズ:アップル・レコード秘話」

ビートルズが1968年に設立したレコード会社、アップル・レコードの軌跡を辿るドキュメンタリー。
アップル・レコードの元CEOトニー・ブラムウェル、バッドフィンガーのメンバーであるジャッキー・ロマックス、デイヴィッド・ピールなど、アップル・レコードに所属したアーティスト達の貴重なインタビューと、レアな映像や写真で構成されています。

※本作は1日に2回上映しますが、内容は同じです。

5月16日(水)昼の部15:00〜(開場:14時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000946D03

5月16日(水)夜の部19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000946D92

5月17日(木)昼の部15:00〜(開場:14時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000946D90

5月17日(木)夜の部19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000946D93

5月18日(金)昼の部15:00〜(開場:14時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000946D91

5月18日(金)夜の部19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000946D94

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止のイベントです。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は長時間作品です(約2時間42分)。途中休憩はありません。

2018年5月第3週の上映作品

「BOB DYLAN – Roads Rapidly Changing」
/ 「ボブ・ディラン:フォークの時代 1961-1965」

1961年~1965年頃のボブ・ディランの軌跡と、米国のフォーク・リバイバルの歴史を辿るライヴ&ドキュメンタリー。
ボブ・ディランにまつわる関係者によるインタビュー、初期のディランのアルバムからのクリップを題材に、フォーク・ミュージックの初期段階、Greenich Villageの盛り上がり、そしてディランが登場してからシーンがどのように変わったかをを辿ります。

※本作は1日に2回上映しますが、内容は同じです。

5月11日(金)昼の部15:00〜(開場:14時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00093CE24

5月11日(金)夜の部19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00093CE27

5月14日(月)昼の部15:00〜(開場:14時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00093CE2D

5月14日(月)夜の部19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00093CE6D

5月15日(火)昼の部15:00〜(開場:14時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00093CE76

5月15日( 火 )夜の部19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00093CE78

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編は1時間50分です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止
※本イベントはデジタル上映です。

2018年5月第2週の上映作品

「PRINCE : The Glory Years
/ プリンス:ゴールデン・イヤーズ」

7度のグラミー賞受賞を誇り、トータル・セールスは1億枚を超える世界最高峰のアーティスト:プリンスの軌跡に迫るライヴ&ドキュメンタリー。
彼が最もクリエイティヴで商業的だった80年代–つまり”1999”から”Purple Rain”、そして”batdance”まで–を中心に焦点を当て、
元マネージャー、元バンドメイト、元サウンド・エンジニアへのインタビューと、
ライヴ・パフォーマンスやレア映像、ミュージック・クリップで構成した作品です。

5月7日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000921F04

5月9日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000921F05

5月10日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000921F07

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編は1時間30分です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止
※本イベントはデジタル上映です。

2018年5月第1週の上映作品

ミュージック・エア・シネマ
『Composing Outside The Beatles:Lennon & McCartney 1973-1980
/ ザ・ビートルズ:レノン&マッカートニー・ソングライティング・ヒストリー1973-1980』

リンダとの関係はうまくいっていた
ある時・・・ピアノの前に座って考えてるうちに
浮かんできたのが彼女へのラブ・ソングだったんだ
—-ポール・マッカートニー
(ウイングスの最初のヒット曲「My Love」について)

本作は、20世紀最高のソングライティング・チーム“レノン=マッカートニー”の
1973年から1980年までのソングライティングに焦点を当てたドキュメンタリーです。

『リボルバー』のジャケット・デザインを手掛け、
プラスティック・オノ・バンドにベーシストとして参加したクラウス・フォアマンや、
ウイングスのメンバーだったデニー・レイン、デニー・シーウェルなどが
ジョンとポールそれぞれのソロ作品について語ります。

5月1日(火)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000913382

5月2日(水)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000913388

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編は約2時間20分です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止のイベントです。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年4月第3週の上映作品

「PRINCE : Slave Trade-How Prince Re-Made the Music Business
/ プリンス:スレイヴ・トレード~音楽ビジネスを作り変えた男」

僕の場合は
精神的に奴隷のような状態にある
ビジネス上もね
僕はワーナーと1億ドルの契約を結んだ
でも望んだような状況にはならなかった
レコーディングをしたり芸術を表現することは可能だ
でも僕は鎖でつながれていて
思い通りの作品にできない
—-PRINCE

本作は、80年代を代表する天才ミュージシャン:プリンスの紆余曲折のキャリアを振り返るドキュメンタリーです。
レコードレーベルとの対立、発音できないシンボルへのアーティスト名変更など
音楽業界に波紋を広げてきた活動についてを、
プリンス本人の他、ジェームス・ブラウンなど名だたるアーティストのマネージャーを務めたアラン・リーズ、
プリンスのバックバンド“ニュー・パワー・ジェネレーションズ”の元バック・ヴォーカリストのマーヴァ・キング、元ドラマーのマイケル・ブランド、元ベーシストのソニーTなどが語ります。

4月18日(水)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008FE016

4月19日(木)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008FE017

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

※本編は2時間30分です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止
※本イベントはデジタル上映です。

2018年4月第3週の上映作品

『STUART SUTCLIFFE:The Lost Beatle / スチュワート・サトクリフ物語』

僕はいつもスチュを尊敬していた
いつも真実を語ってくれる人間として、彼を信頼していた
彼は――何がいいか、何が悪いかを遠慮せずに言ってくれた
僕は心から彼を信じていたんだ
—-JOHN LENNON

本作は、”5人目のビートルズ”と呼ばれ、
ジョン・レノンの親友でもあった初期ビートルズのベーシスト、
スチュワート・サトクリフの生涯を辿ったドキュメンタリーです。

マッシュルーム・カットや襟なしジャケットをビートルズに施した最初の人物であり、
スチュアートの婚約者でもあった写真家:アストリッド・キルヒャーや
スチュアートの妹:ポーリン・サトクリフ、
初期ビートルズのマネージャーであったアラン・ウィリアムズなど
関係者のインタビューを中心に構成。
さらに、スチュアートが残した貴重な絵や日記を元に、
ビートルズのデビューを目前にして、
わずか21歳でこの世を去った彼の生涯を辿ります。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

4月11日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008E6C15

4月13日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008E7D87

4月17日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008E7D89

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本編約1時間/日本語字幕入り
※イベント終了時間は目安です。

2018年4月第2週の上映作品

「DAVID BOWIE:The Man Who Stole the World
/ デヴィッド・ボウイ:変化し続ける男」

俺は自分の道を信じてる
全力で演じきるんだ
それがD.ボウイのあるべき姿のはずだから
俺は役者なんだ
—-DAVID BOWIE

今なお世界中に大きな影響を与え続けるロック・スター:
デヴィッド・ボウイの音楽スタイルやファッションが、
時代と共にいかに変化し続けてきたかをテーマにしたドキュメンタリー。
デヴィッド・ボウイ本人の他、プロデューサーのブライアン・イーノ、
盟友イギー・ポップ、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーなど関係人物のインタビュー、
貴重な資料やライヴ映像を通して、彼の変化の軌跡を辿ります。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

4月5日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008E13F2

4月6日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008E13F3

4月9日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008E13F4

4月10日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008E13F6

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約1時間です
※イベント終了時間は目安です

2018年4月第1週の上映作品

「Mick Taylor Years:The Rolling Stones Under Review 1969-1974
/ ザ・ローリング・ストーンズ:ヒストリー1969-1974~ミック・テイラー・イヤーズ」

僕の脱退に懐疑的な人もいるようだね。
「続けていれば億万長者になれたのに」ってよく言われるよ。
でもそういう風に考えたことはないんだ。
僕の役目はギターを弾くことだった。
それを5年半続けて―――もう十分だと思ったんだ。
―――Mick Taylor(ex.The Rolling Stones)

「Let It Bleed」、「Sticky Fingers」、「Exile on Main St.」・・・
ロックの歴史に今なお燦然とその名を残すこれらの名盤には、
あるギタリストの影があった――――――。

本作は、リーダーであったブライアン・ジョーンズが急逝し、
ハイドパークで追悼コンサートが開催された1969年から、
ミック・テイラーが脱退する1974年までの、
ザ・ローリング・ストーンズの歴史を追ったドキュメンタリーです。

ミック・テイラー本人を含む
数々の関係人物のインタビュー、
貴重な資料やライヴ映像と共に、彼らが最も生産的であった時期についてを辿ります。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

4月2日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008CD720

4月3日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008CD722

4月4日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008CD723

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約1時間40分です
※イベント終了時間は目安です

2018年3月下旬の上映作品

「マドンナ:パフォーマンス・ヒストリー / MADONNA:Performance Review 」

私が覚えている母のイメージは
親切で優しいまるで天使のような人
私は5歳で母を亡くしたので本当のところはわからない
母は信仰に厚かった
だから母の早すぎる死がどうしても納得できない
母は何も悪いことはしていない
きっと私のせいなのだ
―――Madonna(In Bed With Madonna)

20世紀を代表するポップ・アイコンであり、
ポップアートと音楽を融合した先駆者であり、
宗教や抑圧からの解放を謳うセックス・シンボル・・・
「ポップスの女王」マドンナのパフォーマンスの軌跡を辿るドキュメンタリー。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

3月16日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008D4A7E

3月23日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008D4CE6

3月30日(金)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008D4DF6

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約1時間10分です
※イベント終了時間は目安です

2018年3月下旬の上映作品

「The Beatles – Composing Outside The Beatles : Lennon And McCartney 1967-1972」

平和を人々に売り込みたいんだ
石鹸やソフトドリンクのようにね
平和は実現可能だと訴えたいんだ
—ジョン・レノン(ヨーコ・オノと共に)

本作は、ジョン・レノンとポール・マッカートニーの1967年から1972年ーー
『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を発表後、
ジョンが「John Lennon/Plastic Ono Band』を、
ポールがウイングスで「アイルランドに平和を」を発表するまでの期間を、
ソングライティングに焦点を当てて追ったドキュメンタリーです。

ジョンはヨーコと、ポールはリンダと出会い、4人の結束は薄れ、ビートルズは解散ーー
それぞれの伴侶の影響を受けながら、二人はソロ・キャリアをスタート。
その軌跡を、ビートルズの友人やジャーナリスト、著名な音楽学者など、
一連の専門家とのインタビューを中心に、稀有な映像や資料を交えながら辿ります。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

3月22日(木)19:00〜(開場:18時30分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008B4D5F

3月28日(水)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008B4D60

3月29日(木)19:00〜(開場:18時30分) 
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008B4D61

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本編は約2時間20分です。

2018年3月上旬の上映作品

「イーグルス:軌跡~ロング・ロード~ / Eagles : Long Road」

スキーを楽しむためには−−
上級者コースで滑る必要はない。
ただ風を感じて滑るだけでいいんだ。
音楽も同じだ。
楽しくないと意味がないんだ。
−−グレン・フライ(イーグルス)

アルバム総売上1億5000枚以上・・・
グラミー賞受賞6回・・・
『ホテル・カリフォルニア』8週連続全米第1位・・・

数々の記録と名曲と共に、ロック史にその名を刻むイーグルス。
華々しいように見えるそのキャリアの裏には、
数々の苦難と挫折、そして再起があった−−−−。

本作は、イーグルスの軌跡についてを、
貴重な映像や資料とともに、
グレン・フライや様々な関係者のインタビューで辿るドキュメンタリー作品です。

同時上映

「サミー・ヘイガーのロックンロール・ロード・トリップ2 ゲスト:ドン・フェルダー(イーグルス)」

元ヴァン・ヘイレンのヴォーカリスト、サミー・ヘイガーがホストを務める番組。
今回はアメリカン・プログレ・ハードを代表するバンド「スティクス」出演!
さらに元イーグルスのドン・フェルダーと名曲「ホテル・カリフォルニア」をセッション!

※本イベントは2本立てです。
タイムテーブルは下記の通りです。

19:00 開場
19:30 MAシネマ「イーグルス:軌跡~ロング・ロード~」(59分)
20:29 MAシネマ「サミー・ヘイガーのロックンロール・ロード・トリップ2 ゲスト:ドン・フェルダー(イーグルス)」
20:55 終了

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)
※2作品とも上記料金でご視聴いただけます。

3月6日(火)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008A8096

3月8日(木)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008A8097

3月12日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T0008C89C9

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年3月中旬の上映作品

「ブライアン・ウィルソン:”ソングライター1962-1969”~ザ・ビーチ・ボーイズの光と影 Part1
BRIAN WILSON / Songwriter 1962-1969」

ザ・ビーチ・ボーイズのリーダーであるブライアン・ウィルソンについてをレビューした3時間に渡る長編ドキュメンタリー。
本作では、彼のキャリアの中で最も有名で画期的なアルバム『Pet Sounds』がリリースされた1966年を含む、1962年から1969年までを辿ります。

真面目で閉鎖的な性格、スタジオで受ける強迫観念にはどのようなバックストーリーがあったのか・・・
ジャズのコードや複雑なハーモニーを駆使した楽曲はいかにして作られたのか・・・
『Pet Sounds』『Smile』の制作の裏に潜んでいたエピソードとは・・・。

希少な写真や資料に加え、元メンバーであるブルース・ジョンストンや、
スタッフ・友人・マネージャーなどからのアーカイブ・インタビューを通して彼のキャリアを解説します。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

3月15日(木)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00089CF9A

3月20日(火)19:00〜(開場:18時30分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00089CF9B

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は長時間上映です(約3時間10分)。

2018年3月前半の上映作品

「MICK JAGGER [The Rolling Stones] : The Roaring 20’s / ザ・ローリング・ストーンズ:ミック・ジャガー・ストーリー」

ジャガーは定型を作り出した。
ロックやR&Bのフロントマンがどういうものかのね。
もちろん手本となる人物はいただろう。
でも実践を積んで自分で型を作り上げたんだ。
ーーNigel Williamson(Uncut Mgazine)

ローリング・ストーンズのフロントマン:ミック・ジャガーの
20〜30歳の誕生日を含む1963〜1973年に焦点を当てたドキュメンタリー。
ストーンズのオリジナルのギタリスト:ディック・テイラーや
数々の関係人物の証言を通して彼の経歴を辿ります。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

3月 5日(月)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00088272D

3月 7日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00088272E

3月14日(水)19:30〜(開場:19時00分)
ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000882730

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。
※本作は約1時間46分です
※イベント終了時間は目安です

2018年2月前半の上映作品

「QUEEN : Under Review 1973-1980」

(音楽業界がパンクの波に押されていた70年代について)
「クイーンが終わるかも、と思った時期でもある。
でも僕たちは・・・常にチャレンジ精神がある。
”Sheer Heart Attack”を作ったのも、挑戦する姿勢があったからさ。
――フレディ・マーキュリー

Queenがデビューする1973年から、最大のヒット曲「Another One Bites the Dust」をリリースする1980年までの軌跡を、
「Keep Yourself Alive」「Seven Seas Of Rhye」「Killer Queen」「Somebody To Love」などの名曲の
貴重なライヴ映像やスタジオの映像、
さらにフレディ・マーキュリーや様々な関係者のインタビューで辿るドキュメンタリー。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

2月 5日(月)19:30〜(開場:19時00分) ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000874133
2月 7日(水)19:30〜(開場:19時00分) ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000874139

【追加上映】
2月13日(火)19:30〜(開場:19時00分) ご予約はこちら→http://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00089AF72

2月14日(水)19:30〜(開場:19時00分) ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00087413A
2月15日(木)19:30〜(開場:19時00分) ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T00087413C

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年2月後半の上映作品

「The Beatles:Composing Songbook:Lennon And McCartney 1966-1970」

本作は、ザ・ビートルズの1966年から1970年ーーつまり、『Revolver』を発表し、キャンドルスティック・パークで最後のライヴを行ってから『Abbey Road』の最終録音までの期間を、ソングライティングに焦点を当てて追ったドキュメンタリーです。

ボブ・ディランの影を追い求めるジョン・・・
昔ながらのポップスを「Yesterday」などの名曲に昇華させるポール・・・
共作は減り、独自の変化を遂げていく二人。
何に影響を受け、それが彼らのソングライティングにどのような影響を及ぼしたのか・・・。
その軌跡を、ビートルズの友人やジャーナリスト、著名な音楽学者など、一連の専門家とのインタビューを中心に、稀有な映像や資料を交えながら辿ります。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

2月21日(水)19:30〜(開場:19時00分) ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000874207
2月22日(木)19:30〜(開場:19時00分) ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000874208
2月28日(水)19:30〜(開場:19時00分) ご予約はこちら→https://airrsv.net/gakki-cafe/calendar/menuDetail/?schdlId=T000874209

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年1月後半の上映作品

「Keith Richards [The Rolling Stones] :Under Review / ザ・ローリング・ストーンズ:キース・リチャーズ・ストーリー」

Keith Richards

「キースは前に出る性格じゃなかった。
ストーンズの顔はバンドを率いたブライアンだった。
キースはとてもシャイでーー観客にもあまり愛想がよくなかった。
だからひたすらギターにのめり込んだんだ」
ーーKeith Altham(NME)

本作は、“Keef”と呼ばれる男の人生とキャリアについて、
彼にまつわる人物たちによるインタビューや
「Satisfaction」「Jumping Jack Flash」「Brown Sugar」
「Tumbling Dice」「Start Me Up」といった楽曲のレコーディングの模様などの
レア映像で構成した長編ドキュメンタリーです。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

1月24日(水)19:00〜(開場:18時30分) ご予約はこちら
1月31日(水)19:00〜(開場:18時30分) ご予約はこちら
【追加上映】
2月1日(木)19:00〜(開場:18時30分) ご予約はこちら

※1月24日または1月31日の上映にご予約いただきました方で、2月1日(木)への移動をご希望の方は、予約確認メールからキャンセルのお手続きの上、再予約をお願い致します。キャンセル料はかかりません。

※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

2018年1月前半の上映作品

「Paul McCartney / Going Underground:McCartney, The Beatles And The UK Counter-Culture / ポール・マッカートニー:”ゴーイング・アンダーグラウンド”」

【追加上映決定】1月16日(月)19:00 ご予約はこちら

マッシュルーム・カットから髭へ・・・
ポップからサイケデリックへ・・・
『For Sale』『Help!』から『Rubber Soul』『Revolver』へ・・・

1960年代後半〜70年代前半にかけてのカウンター・カルチャーは、
かのザ・ビートルズにも――とりわけポール・マッカートニーにも大きな影響を与えた。

150分以上に及ぶこの長編ドキュメンタリーでは、
当時のアンダーグラウンド・シーンの模様とその歴史に加え、
カウンター・カルチャーがザ・ビートルズとポール・マッカートニーに
与えた影響について深く探っていく。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

開場:18時30分
1月10日(水)19:00〜 ご予約はこちら
1月16日(火)19:00〜(追加上映) ご予約はこちら
1月17日(水)19:00〜 ご予約はこちら

※1月10日または17日にご予約いただきました方で、16日(追加上映)への日にち移動をご希望の方は、予約確認メールの【予約内容照会画面】から【予約番号】及び【認証キー】を入力していただき、予約をキャンセルの上、再度16日へのご予約をお願い致します。キャンセル料はかかりません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

12月後半の上映作品

「Led Zeppelin : Physical Graffiti – A Classic Album Under Review / レッド・ツェッペリン:『フィジカル・グラフィティ』制作秘話」

【追加上映決定】12月18日(月)19:30~ ご予約はこちら

全世界で圧倒的な人気を誇る歴史的な大物ロック・バンド、レッド・ツェッペリン。1975年に発売され全世界で1,500万枚以上の大ヒットを記録したレッド・ツェッペリンの2枚組アルバム 『フィジカル・グラフィティ』の制作秘話に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

開場:19時15分
12月18日(月)19:30~(追加上映/予約受付中) ご予約はこちら
12月20日(水)19:30~ ご予約はこちら
12月27日(水)19:30~ ご予約はこちら

※12月20日または27日にご予約いただきました方で、18日のご参加をご希望の方は、予約確認メールの【予約内容照会画面】から【予約番号】及び【認証キー】を入力していただき、予約をキャンセルの上、再度18日へのご予約をお願い致します。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

【追悼企画】ミュージック・エア・シネマ特別編

「AC/DC : Highway To Hell : Classic Album Under Review」
「AC/DC : Back In Black : Classic Album Under Review」

AC/DCのギタリスト、マルコム・ヤング氏が亡くなったことが報じられました。
楽器カフェでは、同氏に哀悼と感謝の意を表し、ミュージック・エア・シネマ特別編として、AC/DCのライヴ&ドキュメンタリー「AC/DC:Highway To Hell:Classic Album Under Review」と「AC/DC:Back In Black:Classic Album Under Review」を上映します。

「AC/DC : Highway To Hell : Classic Album Under Review」

AC/DCが1979年にリリースし、初代ボーカリストのボン・スコットの遺作となった名盤『地獄のハイウェイ』に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

<<上映日時>>
2017/12/04(月) 19:30~ ご予約はこちら
開場:19時15分

2017/12/07(木) 19:30 ~ ご予約はこち
開場:19時15分

<<入場料>>
1,000円+1ドリンク(500円)

「AC/DC : Back In Black : Classic Album Under Review」

AC/DCの代表作『バック・イン・ブラック』に迫るドキュメンタリー。
ヴォーカルのボン・スコットが泥酔時の事故で亡くなったため、後任にブライアン・ジョンソンを迎えて最初にリリースされたアルバム。
1980年にリリースし、4,900万枚以上の売上を誇るロックの金字塔的作品。

<<上映日時>>
2017/12/05(火) 19:30 ~ ご予約はこちら
開場:19時15分

2017/12/12(火) 19:30 ~ ご予約はこちら
開場:19時15分

<<入場料>>
1,000円+1ドリンク(500円)

謹んでマルコム・ヤング氏のご冥福をお祈りいたします。
ミュージック・エア/楽器カフェ

12月前半の上映作品

「Frank Zappa : Freak Jazz, Movie Madness & Another Mothers」

ロック史最高の鬼才ミュージシャン、フランク・ザッパの1969年~1973年に焦点を当てたドキュメンタリー。
自身が率いるバンド「マザーズ・オブ・インヴェンション」の再結成と当時のフランク・ザッパの活動や音楽性に迫る。

《出演》
フランク・ザッパ
ジョージ・デューク
エインズレー・ダンバー
ドン・プレストン
ジェフ・シモンズ
マーク・ヴォルマン
マックス・ベネット
サル・マーケス
イアン・アンダーウッド

「ミュージック・エア・シネマ」は、
ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、クイーンなど、日本でも絶大な人気を誇る著名アーティストの軌跡を辿った映画を、スクリーンと爆音で上映するイベントです。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

12月第1・第2水曜19:00より上映します。
下記フォームよりご予約下さい。

開場:18時45分
12月6日(水)19:00~ ご予約はこちら
12月13日(水)19:00~ ご予約はこちら

※本編は2時間40分です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

11月後半の上映作品

「Prince: Slave Trade」

80年代を代表する天才ミュージシャン、プリンスの紆余曲折のキャリアを振り返るライヴ&ドキュメンタリー。
レコードレーベルとの対立、発音できないシンボルへのアーティスト名変更など
音楽業界に波紋を広げてきた活動に焦点を当てる。プリンス、ジェームス・ブラウンなど
名だたるアーティストのマネージャーを務めたアラン・リーズ、
プリンスのバックバンド“ニュー・パワー・ジェネレーションズ”の元バックヴォーカリストのマーヴァ・キング、
元ドラマーのマイケル・ブランド、元ベーシストのソニーTが語る。

入場料:1,000円+1ドリンク(500円)

11月は第3・第4月曜および第3・第5水曜19:00より上映します。
下記フォームよりご予約下さい。

開場:18時45分
11月15日(水)19:00~ ご予約はこちら
11月20日(月)19:00~ ご予約はこちら
11月27日(月)19:00~ ご予約はこちら
11月29日(水)19:00~(SOLD OUT) キャンセル待ちはこちら

※本編は2時間30分です。
※途中休憩はありません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※私語禁止
※本イベントはデジタル上映です。